包茎治療費用と手術

真性包茎の人の包茎治療


真性包茎の人は今までずっと亀頭が包皮に守られてきたため、いざ外気に触れようとするととても敏感に反応してしまいます。
すこしだけ露出させて触ったりするだけでも、痛みが生じたり腫れあがってしまう人もいます。
真性包茎を治す時は同時に亀頭も刺激慣れをすることが出来ます。
包茎だけを治すのであれば、(http://hou-kei.jp/)皮をむいた状態でキープする必要があります。
常に亀頭が露出している状態でとどめておきます。
この状態で痛みを感じないのであれば、亀頭を特別鍛える必要はないでしょう。
しかし、下着などが当たっただけで痛いと感じる人もいます。
その場合は、休日などは下着を脱いで亀頭を露出させた状態で過ごしましょう。
服などが当たらなければ痛みを長時間感じることはないでしょう。
長時間亀頭を露出させた状態でも問題ないと思ったら、下着や寝間着を着ずに睡眠するようにします。
最初は布団などにあたって痛みを感じるかもしれませんが、慣れとともに気にならなくなります。
下着をつけずに寝ても問題なくなってきたら、下着を付けて睡眠するようにします。
そうすると、今まで寝ていた状態と変わらなくなります。
亀頭が露出している状態を確認しながら、普段から皮がむけている状態で生活します。
刺激慣れをすれば包茎も同時に治っていくでしょう。
同時に、早漏であればそれも治っていくかもしれません。
性行為などの絶頂のタイミングもある程度コントロールできるようになります。
真性包茎の人の包茎治療はこの二つの事柄を同時進行できるという利点があります。

矯正器具などを用いた治療


包茎にするための手術があるということをご存知でしょうか。
これを「包皮再生」といいますが、手術と言うよりは矯正器具などを用いた治療です。
日本人の多くが仮性包茎なので、今までほとんど聞く機会がなかったために日本では包皮再生のための器具はほとんど出回ってなく、購入するには海外のオンラインショップを経由する必要があります。
この方法で手に入れるのであれば、知名度や信頼度が高い店を選ぶためによく調べ無ければなりません。
包茎矯正器具を使った包皮再生は、1年から3年の長い期間が必要です。
包皮はある程度伸びるという特性をもっているので、その特性を活かした治療となりますが、長い期間の努力と根性が必要になります。
それが面倒と思うのであれば、「包皮再生手術」を受けるのも手でしょう。
手術は2回に分けて行われ、1回目は「包皮を伸ばして亀頭まで移動させる」もので、2回目は「陰嚢から皮膚の組織の移植」になります。
ただし、この手術は需要が限られているため技術的にも未熟な部分が多く、手術を行っても満足の行く結果が得られない場合もあります。
日本ではさらに需要が無く、包皮再生手術を取り扱っている医療機関はほぼ無いと言えます。
包皮を切除するのであればともかく、再生とあらばかなり困難なものとなります。

http://www.kichijoji-mens.com/
包茎でお悩みの方は最高技術でサポートする吉祥寺ビューティークリニックへ

http://www.mens-chuoh.com/
包茎手術やAGA治療など男性の悩みを専門医が解決|中央クリニック

http://www.continental-producciones.com/
包茎手術【包茎治療の優良クリニックの比較ランキング】

http://xn--tckuew50jnza883o.net/
包茎手術の口コミ&評判 ランキングサイト【包茎口コミ.com】

Copyright© 2013 包茎治療費用と手術 All Rights Reserved.